中の人が教える<広い軽自動車>オススメランキング【2018年版】

3冠
ニコノリ(ニコニコマイカーリース)専用カスタマーセンター
0120-916-618
(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)

無料電話 専任のカスタマースタッフが丁寧にご対応致します お問合せ

ページトップへ戻る

  1.  新車カーリースなら定額ニコノリパック トップ ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3.  中の人が教える<広い軽自動車>オススメランキング【2018年版】

使い勝手の良さが人気
[掲載日:2018年7月19日] [最終更新日:2018年9月25日]

中の人が教える<広い軽自動車>オススメランキング【2018年版】

今、軽自動車が幅広い世代に愛されている人気の理由の一つが、昔に比べると車内が広い軽自動車が増えているという点です。
今回は、広い軽自動車を探している方のために「車室が広い」軽自動車についてピックアップしてみました。

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
中の人が教える<広い軽自動車>オススメランキング【2018年版】

 ▼もくじ

・車室の広さは何を見ればわかるのか

・使い勝手の良さは実際にクルマを見なければわからない

・車室の広さを数字で見てみよう

・車室の広い軽自動車オススメランキング

・[PR]定額ニコノリパックなら車室の広い軽自動車も選べる


車室の広さは何を見ればわかるのか

ホームページでの情報の探し方

維持費が安くて車室が広い軽自動車が人気となっています。全国軽自動車協会連合会が発表した2018年5月の販売台数ランキングは、

      
1位 ホンダ N-BOX
2位スズキ スペーシア
3位 ダイハツ タント
4位 ダイハツ ムーヴ
5位日産 デイズ
6位スズキ ワゴンR
7位ダイハツ ミラ
8位スズキ アルト
9位スズキ ハスラー
10位 ホンダ N-WGN

となっていますが、このうち1〜3位を占めるN-BOXとスペーシア、タントは車室の広さをアピールポイントとするモデルとなっています。

ではその広さを調べたいと思ったときには、どうしたらいいのでしょうか。

まずみなさんが最初に見るのは、自動車メーカーのホームページだと思います。現存の車種であればメーカーのホームページには車種の紹介ページがあるはずなので、お目当ての車種のページにまずいきましょう。特に軽自動車の場合には、車室内の広さをアピールしているモデルが多いので、すぐに車内の寸法が見つかることも多いと思います。

主要諸元にはボディサイズや車室内寸法、JC08モード燃費など、さまざまな情報が掲載されています しかしその数字がなかなか見つからない、ということもあるでしょう。そのような場合、「主要諸元」という言葉を探してください。この主要諸元にはボディサイズや車室内寸法、JC08モード燃費など、さまざまな情報が掲載されています。書きかたもほぼ統一されていますので、いろいろな車を比較しやすいはずです。


使い勝手の良さは実際にクルマを見なければわからない

寸法だけでなく、シートの畳みかたや
小物入れのカタチなどでも体感の広さが変わる

軽自動車というのはもともと、ボディサイズやエンジンの排気量を制限することで、税金などを安く抑えているものです。その制限された大きさの中で広さを実現するため、各自動車メーカーはダッシュボードの形状やシートの形状などに、さまざまな工夫をこらしています。そのため車室内の広さは、寸法を見るだけではつかみきれません。

よって、気になる車種があったら、ぜひディーラーに出向いて実車を確認してください。運転席に座るだけではなく、助手席やリアシートにも座ってみたほうがいいですし、リアシートを折りたたんだときや、小物入れを開けたときの広さの確認などもしておきましょう。

可能なら、似たような他車も実際に見てみると使い勝手の優劣が判断しやすくなると思います。車種によってはベンチシートやキャプテンシートなど、数種類の中から選べるものもあります。実際に自分が使うときのことを想像しながら、じっくり時間を掛けて確認していきましょう。


車室の広さを数字で見てみよう

人気のモデルの車室を寸法で見てみましょう

  車内長 車内幅 車内高
ホンダ N-BOX
ホンダ N-BOX
2240mm 1350mm 1400mm
スズキ スペーシア
スズキ スペーシア
2155mm 1345mm 1410mm
ダイハツ タント
ダイハツ タント
2200mm 1350mm 1365mm

販売台数上位3モデルの室内寸法がこれです。お気付きでしょうか、その差は非常に小さいものとなっています。

ちなみに、やはり車室内の広さをポイントしているダイハツ・ウェイクの寸法は、2215mm×1345mm×1455mmとなっています。しかしウェイクの販売台数ランキングは14位と低めになっています。自動車はデザインや走行性能など、さまざまに選ぶ理由となるポイントはありますが、広さを第1のウリとしているモデルが、寸法上はライバルとの差がないのに販売台数に差があるというのは、使い勝手の部分でユーザーライクでない部分があるのかもしれません。

それを確かめるという意味でも、ぜひ実車を触ってその使い勝手を確認してみてください。


車室の広い軽自動車オススメランキング

ではオススメの車室が広い軽自動車を紹介します

  ホンダ N-BOX

1位 ホンダ N-BOX


・ベンチシートやスーパースライドシートなど、さまざまなシートを選ぶことができる

・スライドドア開口部が大きく、ハンズフリースライドドアもオプション設定可能


スズキ スペーシア

2位 スズキ スペーシア


・シート幅がタップリなのでくつろぎやすい

・リアシートもスライドするので大人4人がゆったり乗れる


ダイハツ タント

3位 ダイハツ タント


・助手席とスライドドアの間にピラーがないので開口部が広々

・足元が広いので左右に動きやすい




【番外編】ホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN
2018年7月発売になったモデル。
貨物登録なので車検は新車時から2年ごとだが、税金が安い

・助手席とスライドシートの間にピラーがないので開口部が広々

・助手席部分まで含めてフラットになるので車中泊もラク

・車内寸法は2635mm×1390mm×1365mmとクラス最大級




定額ニコノリパックなら 車検・税金・メンテナンスなどがコミコミ!
国産全メーカー・全車種取り扱いOK!

月々1万円のバナーを見る

カーリースについて、詳しく知りたい!
という方はこちらをクリック♪

はじめての方向け 新車購入との違いを詳しく解説!
 

[PR]定額ニコノリパックなら車室の広い軽自動車も選べる

定額ニコノリパックは全メーカーの軽自動車からお気に入りの1台を選ぶことができます。新車を買う場合にはメーカーごとにディーラーに行かなければいけませんが、それを一気に比較できる、というのも大きなメリットです。

新車が月々1万円~乗れる!
それが定額ニコノリパック



さまざまなクルマを扱ってきたスタッフが、
お客様のニーズにあったご提案をさせていただきます

定額ニコノリパックのスタッフは、これまで国内全メーカーの全モデルを取り扱ってきています。そのためその使い勝手などを熟知していますので、オプション品の選択も含めて、お客様のニーズに合わせたご提案をさせていただくことが可能です。ぜひご相談ください。

月々のお支払いにはメンテナンス費用なども含んでいます

月々のリース料には、日々車を使っていると必要となるメンテナンス費用も含んでいます。車両代金から契約終了時の予測車両価格とお値引き分を引いた残額をお支払いいただくため、新車を買うよりもお得。大事に乗っていただくとさらにお得になります。

全国47都道府県、365日対応!
お気軽にお問合せください
おかげさまでカーリース部門3冠達成!!「サービス(プラン)が充実しているカーリースNo.1」「おすすめのカーリース会社No.1」「価格が納得できるカーリースNo.1」 お急ぎの方はお電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休 ~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

自動車専門ライター
高田 林太郎
[この記事の執筆者]

自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、さまざまに活動中。

 ニコノリ
 お問合せ窓口
専任のカスタマースタッフが
丁寧にご対応致します
お急ぎの方は
お電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休

チラシをご覧の方は
店舗名をお伝え下さい
ニコニコダイレクト 面倒すべてコミコミ 月々5000円~車がもらえる
中古車リース ニコニコダイレクト

より価格を抑えた中古車のマイカーリースをリリースしました!(関東限定)掲載している中古車の情報は毎日更新中です。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ



~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています