残価設定ローンよりもカーリースをおすすめしたいワケとは | カーリースを月々1万円から!定額ニコノリパック

定額ニコノリパック専用 カスタマーセンター
0120-916-618
お気軽にご相談ください(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)

ページトップへ戻る


  1.  新車カーリースなら定額ニコノリパック トップ ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3. 残価設定ローンよりもカーリースをおすすめしたいワケとは
カーリースをおすすめしたいワケ
[掲載日:2019年8月28日]

残価設定ローンよりもカーリースをおすすめしたいワケとは
目先の金額ではなく支払い総額で考える必要あり

自動車メーカーも積極的に宣伝をしている、いわゆる残価設定ローン。月々の支払額が安くなることから、ご検討中の方も多いかと思います。
そんな方におすすめしたいのが、「カーリース」という選択肢!
残価設定ローンのメリットやデメリットを踏まえ、なぜカーリースがおすすめなのかを両者を比較した上でお伝えします。

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
残価設定ローンよりもカーリースをおすすめしたいワケとは


 ▼もくじ

・残価設定ローンとはどういうものなのか

・残価設定ローンのメリットとデメリットについて

・残価設定ローンとカーリースの違いについて

・【PR】定額ニコノリパックは点検や車検費用も含めて月々定額で新車に乗れます


残価設定ローンとはどういうものなのか

期間後の車の価値を保証してその分を最終回で精算する

最近、各自動車メーカーが力を入れているのが、残価設定ローンでの車の販売です。
そもそもこの残価設定ローンというのは、どういうものなのでしょうか。

商品を購入する場合には、その代金を一括、もしくは分割(ローン)で支払います。残価設定ローンというのは、購入後数年が経ってもある程度の価値が残る「車」という商品特性を活かしたシステムといえます。

3年や4年など、ローンの支払い期間終了後に想定される車の価値分を車両全体の価格から引き、残った金額を分割で支払います。 具体的には、3年や4年など、ローンの支払い期間終了後に想定される車の価値分を車両全体の価格から引き、残った金額を分割で支払います。
残存価値として設定された金額については、支払いの最終回にまとめて、もしくはさらなる分割で支払うか、車両を返却するか、次の新車を買うときの下取り車として使うことで精算をします。

したがって、月々の支払い額は、車両価格のすべてを分割で支払うのと比べれば安くなります。
たとえば、300万円の車を5年間の分割で支払う場合、金利などを考えず単純に60回で割ると、月5万円となります。
しかしその車に5年後、80万円の価値(=残価)があるという設定で残価設定ローンを組んだ場合、残りの220万円を60回で支払うことになるため、月々3万6600円ほどになります。

自動車メーカーがなぜ残価設定ローンを推すのか

さらに、上の計算ではあえて無視しましたが、金利面でも残価設定ローンは優遇されているケースが多くなっています。
通常購入の場合のローン金利よりも、残価設定ローンの金利のほうが低くなっていることが多いのです。
そこも含めて考えると、月々の支払額の差はさらに大きなものとなります。

残価設定ローンは自動車メーカーにとっても利点のあるシステムです。
その大きな理由として挙げられるのは、残価設定ローンの場合、その残価を最終回で精算しなければならない、ということです。
精算方法は上にも書きましたが、残価を一括、もしくはさらなる分割で支払うか、車両を返却するか、次の新車を買う場合の下取り車にする、というものです。

お金を支払って精算する場合、一括であれば自動車メーカーはとくに損得はありません。
またローンで残価を支払う場合には、残価設定ローンよりも割高な金利となることが多いため、これまた自動車メーカーは損をすることはありません。

車両を返却して精算をする場合も、自動車メーカーは良質な中古車を手に入れることができますし、次の車の下取りとする場合には、販売台数増に貢献できる、ということになります。 いずれの場合にしても、残価設定ローンは月々の支払いが安くなるという消費者側のメリットだけではなく、自動車メーカーにとってのメリットも大きいシステムといえるのです。


残価設定ローンのメリットとデメリットについて

月々の支払額は安いが、そのほかにも注意点あり

先ほどもお伝えした通り、新車をフルローンで購入するよりも、月々の支払額が低い金額で済む、というのが残価設定ローンの最大のメリットです。

では、デメリットはあるのでしょうか。
まず挙げておきたいのは、その残価、という部分についてです。

フルローンで新車を購入した場合、支払いが終わればその車はオーナー自身の所有物となります。 そのため多少こすったり傷付いたりしても、気にしない、という人も多いかと思います。 もちろん、そういう手荒い使いかたをした車は、いざ中古車として売ろうとした場合には、価値が下がってしまいます。 走行距離にしても、ひと月1000kmを超えるペースで走っていると、過走行車という扱いになりがちで、これまた価値が下がってしまいます。 さらにいうと、いざ販売しようとしたときの、その車の人気の有無によっても、販売価格は大きく上下します。

じつは同じことが残価設定ローンでも起こり得ます。
もともと自動車メーカーが残価を設定しているため、人気の有無による相場の上下というのは心配しなくてもいいのですが、傷は通常使用によるもの以外は精算時の価格にプラスとなってしまうことがありますし、過走行に関してもプラスされる場合があります。

つまり、なるべくいい状態を保っておくということが、精算時の加算を防ぐためには必要となるのです。
また、毎月の支払額が安くなるとはいっても、点検や車検、自動車税などはオーナー自身が支払わなければなりません。
そのため、自動車税の支払い期限である5月や、車検時などには、支払額が大きく増えてしまう…ということになります。
したがって大事なのは、残価設定ローンを組んでいる期間の、支払い総額がいくらになるのか調べておく、ということです。

そうしておくことで、ご自分が新車を購入する際、フルローンがいいのか残価設定ローンがいいのか、判断しやすくなるはずです。


残価設定ローンとカーリースの違いについて

初期費用や車検費用なども含めて月々の支払いとなるところがカーリースのメリット

初期費用や車検費用なども含めて月々の支払いとなるところがカーリースのメリット車を購入する際、車両価格の他に諸費用というものが計上されます。
これは自動車を購入するときに必要となる取得税(2019年10月からは環境性能割に移行)や、登録費用などです。 残価設定ローンを組んだ場合でもこれらの費用は必要で、初回の支払額はそのぶん大きなものとなります。
さらに毎年支払う自動車税や、車検時に支払う重量税、自賠責保険、点検費用なども、月々の支払いとは別に用意しておかなければなりません。

一方、カーリースの場合でいうと、登録諸費用や車検のときに必要な費用などはすべて、月々の支払額の中に含まれています。
したがってそのぶん、月々の支払額は残価設定ローンよりも高くなりますが、契約期間の支払い総額という部分で見ると、決して高いものとはなりません。
さらに残価設定ローンでは起こりがちな、不意の出費というのも計算しなくてよくなります。

支払総額に大きな違いは出ないことが多いため、「月々フラットな出費」「車検や税金、メンテナンスの準備の手間が省ける」というような面でカーリースがおすすめできます。

これらのメリットよりも、月々の普段の出費を最大限に抑えたい…ということであれば、残価設定ローンが良いかと思います。


定額ニコノリパックなら 車検・税金・メンテナンスなどがコミコミ!
国産全メーカー・全車種取り扱いOK!

月々1万円のバナーを見る

カーリースについて、詳しく知りたい!
という方はこちらをクリック♪

はじめての方向け 新車購入との違いを詳しく解説!


【PR】定額ニコノリパックは
点検や車検費用も含めて月々定額で新車に乗れます

今回は残価設定ローンとカーリースをご紹介しました。
ここで私ども、定額ニコノリパックについて少しご紹介させてください。
定額ニコノリパックは国内全メーカーの全車種をお選びいただけるカーリースです。
そのシステムは、新車価格から契約期間終了時の車両の価値をあらかじめ差し引いた残額を、月々定額でお支払い頂く、というものです。
そのため新車をご購入いただくよりもお安く乗っていただくことができるようになっています。
しかも定額のお支払いには、点検や整備の料金、車検時などに必要となる費用など、すべてが含まれています。

自営業の方などで、車を業務に使われている場合、カーリースは残価設定ローンよりも経費計算が簡単になる、というメリットもあります。

さらに定額ニコノリパックでは、リース契約期間満了時、車を返却していただくというのが基本となりますが、さらなるリース期間の延長も可能ですし、その車を買い取っていただくことも可能です。もちろん、次の新車へと乗り換えもしていただけます。

新車の購入をご検討でしたら、ぜひ定額ニコノリパックもご検討ください。


  

  カーリースに関すること、定額ニコノリパックへのご質問など
  どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

定額ニコノリパックについてお気軽にお問い合わせください 0120916618


自動車専門ライター
高田 林太郎
[この記事の執筆者]

自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、さまざまに活動中。


お電話でのお問い合わせ

0120-916-618

受付時間 9:00~19:00


ホームページでのお問い合わせ


チラシをご覧の方は
店舗名をお伝え下さい
ニコノリ ニコノリ加盟店募集のご案内 ›
舗が近くにないあなたも大丈夫!!おとどけプラン 即納車キャンペーン中 ご成約いただいたお客さまの声 法人様・個人事業主様向け新車カーリースのご案内 リースカー専用自動車保険 軽自動車でも白ナンバー? ニコノリ給油機CM
LINE公式アカウント
はじめました
カーリースに関する
疑問・質問に、お答えします
お気軽にトーク画面から
話しかけてくださいね♪

IDを検索して追加
LINE ID: @itj2379x

QRコードで追加
LINE公式アカウントはじめました

スマートフォンなら
下記ボタンより追加
友だち追加
LINE受付時間
平日(月-金) 9:00~19:00
お急ぎの場合は、
年中無休のフリーダイヤル
またはメールにてお問合せください。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ



~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています