車いすでも乗れる!福祉車両の選び方とおすすめの軽自動車 実際に車両を確認することがもっとも大事 | カーリースを月々1万円から!定額ニコノリパック

定額ニコノリパック専用 カスタマーセンター
0120-916-618
お気軽にご相談ください(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)

ページトップへ戻る


  1.  新車カーリースなら定額ニコノリパック トップ ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3. 車いすでも乗れる!福祉車両の選び方とおすすめの軽自動車
福祉車両の選び方
[掲載日:2019年5月10日]

車いすでも乗れる!福祉車両の選び方とおすすめの軽自動車
実際に車両を確認することがもっとも大事

社会の高齢化が進んできた現代、医療や福祉サービスも進化する中で、福祉車両についてもそのバリエーションが増えるなど大きな進歩を見せています。
今回は、そんな福祉車両を紹介しつつどのようなポイントに気をつけて選んでいけばいいのかをご説明していきたいと思います。

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
今回は福祉車両を紹介しつつ、どのようなポイントに気をつけて選んでいけばいいのかをご説明していきたいと思います。


 ▼もくじ

・福祉車両とは?

・福祉車両の税制上の恩恵とは

・福祉車両の選び方

・福祉車両として使えるオススメ軽自動車

福祉車両とは?

用途に合わせてさまざまなタイプが用意されている

福祉車両とは、車いすのまま乗車できたり、シートが回転することで乗り降りがしやすくなっているような、身体の不自由な方のことを考えた車です。ウェルキャブという言い方もされます。 そのほか、身体の不自由な方が自分で運転できるように改造した、運転補助装置付き車両や移動入浴車なども含まれますが、今回はその中で個人向けウェルキャブについてご説明していきましょう。

 スロープタイプや、リフト付きタイプ

ウェルキャブはさまざまな車に設定されています。とくに助手席が回転することで乗降性を高めたものは、セダンタイプの車にも設定されている場合があります。 しかし車いすのまま乗車できるスロープタイプや、リフト付きタイプはミニバンなどボディサイズが大きい車への設定がメインです。
これは人が車いすに座った状態は、高さという部分で大きなスペースを必要とするからです。乗り降りという部分でも、ハッチゲートのように大きな開口部を持つボディのほうが有利となります。 そのことから車いす対応のウェルキャブは、ミニバンがメインとなっています。


福祉車両の税制上の恩恵とは

自動車取得税などの減税や、地域によっては助成制度も用意されている

たとえばご家族でウェルキャブが必要となったとき、これまで乗っていた車から買い替えることになるわけですが、そこで知っておいていただきたいことがあります。 それはウェルキャブを購入するときには、さまざまな助成制度や税制面の特典が用意されている、ということです。

購入する場合、「身体に不自由を抱えている方が自分で運転する」、「身体に不自由を抱えている方と生活をひとつにする家族の方が運転する」などの条件を満たしている場合、ウェルキャブのタイプにもよりますが、申請すると車両代金に関わる消費税が減免されます。

またこれも条件を満たす必要がありますが、ウェルキャブの購入資金貸付制度や助成制度もあります。
具体的な内容については自治体や福祉事務所によって違ってくる部分がありますので、お時間のあるときに自治体のホームページなどでご確認ください。


福祉車両の選び方

実際に使う人の身になって考えることが大事

ウェルキャブはいろいろなタイプの車に用意されています。
たとえば助手席回転シートもそうですが、正直にいうと、ただ助手席が回転するだけで、実際の乗り降りはしにくい、というものもあります。
筆者にも要介護の家族がいますが、車種によっては助手席回転シートに座り、乗り込むときに足や頭がつっかえる、というものもあります。

そこで大事なのは、実際に使う人にストレスが掛からないものを選ぶ、ということです。
車いすごと乗車ができるスロープタイプも、スロープの角度や乗り込んだあとの固定方式なども含めて選ぶことが大事となってきます。
身体が不自由な方はひとりひとり、症状が違います。その点も考慮して選んでいきましょう。


福祉車両として使えるオススメ軽自動車

トールワゴンタイプをベースに選んでいきたい

ウェルキャブで人気なのはミニバンタイプの車です。これは広い車室空間を持っているからで、たとえば車いすで乗車をしても、その他に多人数が乗車できるというのは、ミニバンならではの特長といえるでしょう。
しかしあまりに大きなボディでは、たとえば車いすスペースが用意されていない駐車場などでの乗降などを考えたとき、かえって使いにくい、ということも想定されます。

そこでオススメなのが、軽自動車ベースのウェルキャブです。

 現在軽自動車で一番人気のモデルはホンダのN-BOXですが、これにはN-BOX車いす仕様車という、スロープを装備したモデルが用意されています。

現在軽自動車で一番人気のモデルはホンダのN-BOXですが、これにはN-BOX車いす仕様車という、スロープを装備したモデルが用意されています。
またN-WGNには助手席回転シート車の用意があります。
ダイハツ・タントには車いす移動車に加えて、助手席が回転するだけではなく電動で昇降する、昇降シート車が用意されています。

 ダイハツ・タントには車いす移動車に加えて、助手席が回転するだけではなく電動で昇降する、昇降シート車が用意されています。

スズキはスペーシアやエブリイワゴンに車いす移動車を、またワゴンRに昇降シート車を用意しています。
 スズキはスペーシアやエブリイワゴンに車いす移動車を、またワゴンRに昇降シート車を用意しています。

これらの中から、実際の使い勝手を確かめて選んでください。



カーリースについて、詳しく知りたい!
という方はこちらから

はじめての方向け 新車購入との違いを詳しく解説!

  

  カーリースに関すること、定額ニコノリパックへのご質問など
  どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

定額ニコノリパックについてお気軽にお問い合わせください 0120916618


自動車専門ライター
高田 林太郎
[この記事の執筆者]

自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、さまざまに活動中。


お電話でのお問い合わせ

0120-916-618

受付時間 9:00~19:00


ホームページでのお問い合わせ


※夜間やお問い合わせ状況によってはお時間を頂きます。
近くになくても大丈夫!おとどけプランはじめました カーリースおすすめ特選車!今あなたに最適な車をシーン別にご紹介します! ご成約いただいたお客さまの声 法人様・個人事業主様向け新車カーリースのご案内 リースカー専用自動車保険 軽自動車でも白ナンバー? ニコノリ給油機CM
LINE@はじめました カーリースに関する
疑問・質問に、お答えします
お気軽にトーク画面から
話しかけてくださいね♪

IDを検索して追加
LINE ID: @itj2379x

QRコードで追加


スマートフォンなら
下記ボタンより追加
友だち追加
LINE@受付時間
平日(月-金) 9:00~19:00
お急ぎの場合は、
年中無休のフリーダイヤル
またはメールにてお問合せください。

定額ニコニリパックお取扱店舗定額ニコノリパックお取扱店舗
■東北エリア
【福島県】
■関東エリア
【茨城県】
【埼玉県】
【千葉県】
【東京都】
【神奈川県】
■中部エリア
【福井県】
【愛知県】
【三重県】
■関西エリア
【滋賀県】
【大阪府】
【兵庫県】
【奈良県】
■中国エリア
【岡山県】
【広島県】
■四国エリア
【高知県】

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ


※夜間やお問い合わせ状況によってはお時間を頂きます。

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています