「自動車ローン」はいろいろな種類があるのをご存知ですか? | カーリースを月々1万円から!定額ニコノリパック

◆車種名で検索する
  

お気軽にご相談ください(受付時間 9:00~19:00)0120-916-618

ページトップへ戻る


  1.  新車カーリースなら定額ニコノリパック トップ ›
  2.  なるほど!カーリース ›
  3. 車の維持費を徹底比較!軽自動車と普通車で年間・月間維持費はどう変わる?

なるほど!カーリース

[掲載日:2017年11月1日]
車の維持費を徹底比較!軽自動車と普通車で年間・月間維持費はどう変わる?

車の維持費を徹底比較!
軽自動車と普通車で年間・月間維持費はどう変わる?

「車の維持費って、結局いくら掛かってるの?」
「なんとか安くできないの?」
「車は購入後の維持費が大変そうで、購入するにも踏ん切りがつかない。」
「維持費が高くて、車を手離そうかと考えている。」

すべてのドライバーおよびその奥様(?)、
はたまた、これから車を買いたいと思っているけれど維持費がネックで二の足を踏んでいる方にとって、悩みのタネである車の維持費。

いったい、いつ・何に・いくらかかっているのか、きちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

自動車は本来、私たちの生活をとっても豊かに、キラキラと彩ってくれる存在のはず。それがよく分からない維持費のために、悩みのタネになってしまうなんて悲しすぎます…

そこで!今回は気になる車の維持費のお話です。
軽自動車は、普通車と比較してどれくらい維持費が安いのか
車の維持費を節約する方法は

みなさん、今日からもう維持費の心配はいりません!
愛車との楽しい思い出を、たくさん増やしていきましょう♪

 ▼もくじ

・自動車全般にかかる維持費の内訳

・普通車・軽自動車の年間維持費と月間維持費の比較

・車の維持費を限界まで切り詰めるためには

・[PR]税金や維持費がコミコミのマイカーリース、定額ニコノリパックのご紹介


自動車全般にかかる維持費の内訳

車の維持費の内訳は、車検・メンテナンス・自動車税・任意保険・ガソリン・駐車場代などまず最初に、車の維持費にはどんなものがあるのか見てみましょう。


■自動車税

毎年4月の時点で自動車を所有していると課される税金です。
5月頃に納付書が送付され、6月までに支払います。


金額は軽自動車が最も安く、10,800円です。
普通車は排気量等によって異なりますが、安くても34,500円となります。
比較すると、軽自動車は普通車より1/3以上もおトクですね♪

※2017年時点の金額です。


なお、新車登録してから13年超の車に対する自動車税は、おおむね15%の割増額となります。長く乗っている車は税制面で不利になることががあるので要注意です。

■車検

車が法律で定められた安全基準を満たしているかの検査になります。 新車購入から3年後、以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。

車検時には、主に以下の費用が必要になります。
・自賠責保険・・・・軽自動車も普通車もほぼ同額で、どちらも25,000円程度。
・重量税・・・・・・・・軽自動車は6,600円、普通車は安くても16,400円。※減税車は除く
・車検代・・・・・・・・安全基準に合格するための整備と検査の費用。車の状態によって異なる。

車検トータルの金額は整備する内容で大きく異なりますが、軽自動車であれば多くの場合5万円~10万円の間で収まることが多いでしょう。

■メンテナンス代


車を安全な状態に維持するためには、2年に1度しかない車検だけでは不十分です。
日頃から消耗品の劣化などに気をつけなければなりません。
車の使用状況に関わらず、半年に1回は点検を行うことをおすすめします。

定期的に交換しなければならない消耗品と、金額の目安をご紹介します。
最低限このくらいのメンテナンス代の支出は考慮しておきましょう。

  交換時期 1回あたり料金
エンジンオイル 半年に1度 2,500円~5,000円
オイルエレメント 1年に1度 1,500円~2,500円
ワイパーゴム 半年に1度 2,000円~4,000円
ブレーキオイル・パッド 2年に1度 10,000円~20,000円
タイヤ 3~4年に1度 40,000円~70,000円

※金額は車種やお店によっても大きく異なりますのでご注意ください。

その他の維持費としては、
ガソリン代・・・・・・車の燃費や走行距離によって異なります。
駐車場代・・・・・・・・地域によって異なる
任意保険料・・・・・・運転者の年齢や保険内容などで異なる
といった費用が必要になります。


普通車・軽自動車の年間維持費と月間維持費の比較

では実際に、車の維持費はもろもろ含めるといくらになるのでしょうか?
一定の条件でシミュレーションしてみました。


車種ごとの2年間の維持費の比較

  軽自動車 小型自動車 大型自動車
車種のイメージ ハスラーなど パッソなど ハリアーなど
排気量 660cc 1000cc 2000cc
重量 軽自動車 1t以下 1.5~2t
実質燃費 17.5km/L 18.5km/L 10.5km/L
自動車税 21,600円 59,000円 79,000円
自賠責保険 25,070円 25,830円 25,830円
重量税 6,600円 16,400円 32,800円
車検代 40,000円 50,000円 60,000円
メンテナンス 31,000円 43,000円 55,000円
ガソリン 178,286円 168,649円 297,143円
駐車場 240,000円 240,000円 240,000円
任意保険 155,520円 183,120円 238,800円
2年間合計 698,076円 785,999円 1,028,573円
年間 349,038円 393,000円 514,287円
月々 29,087円 32,750円 42,857円


※比較表は次の条件での概算となっています。各種の条件により金額は異なってきます。
・税金はエコカー減税を考慮せず、初度登録から13年未満の金額です。
・メンテナンスは、消耗品の定期的な交換を行った場合の想定額です。タイヤ交換は考慮せず。
・ガソリン代は、130円/L、月1,000km走行、燃費はカタログ値の7割で換算しています。
・駐車場代は1万円。
・任意保険料は2017年10月時点で26歳以上・12等級・年間12000km・車両保険ありでシミュレーションしています。



比較してみると、やはり軽自動車が様々な項目でおトクになっていますね♪

ただし近年は軽自動車税が増税されたりと、徐々にそのメリットが薄くなっています。
とくに小型の普通車と比較すると、月々4千円弱しか変わりません。

上記の比較は、あくまで一定条件での例です。
様々な条件により異なってきますので、参考程度にしてください。


車の維持費を限界まで切り詰めるためには

車の維持費を限界まで切り詰めるためる方法はいろいろあります じつは車の維持費は、様々な方法で節約することが可能です!
いくつかの方法をご紹介しますので、ぜひ実戦してみてください。


●安全運転

維持費節約の大原則は、安全運転です。
安全運転とは、急加速、急ブレーキ、急ハンドルといった「急」のつく動作を極力せず、車に余計な負担をかけないということです。
消耗品の寿命を伸ばすことができますし、事故を起こさなければ任意保険料も下がっていきます。
まさに良いことづくめ!ぜひ日頃からの安全運転を心がけましょう♪

●こまめな点検と予防整備

車の点検・整備はこまめに!
車を安全な状態に保てることはもちろん、結果的にメンテナンス代が安く済むでしょう。
点検や整備は車検時だけ…という方も結構いらっしゃるのですが、それでは不具合の発見が遅れ、結局大きな出費が必要になってしまう可能性も高まります。

●軽自動車を選ぶ

先ほど比較した通り、軽自動車はとってもおトク!
普通自動車にくらべて、各種税金が割安ですし、タイヤなどの消耗品も安くすみます。
近年は軽自動車の安全技術も大きく進歩し、一昔前とは比べ物になりません。
節約したいなら、軽自動車が最強です!

●エコカー減税対象車を選ぶ

「節約できる軽自動車にしたいけど、4人しか乗れないのは困るな…」という方は、普通車の「エコカー」を選びましょう。
国がエコカーを推進するための「エコカー減税」という制度があり、車検時の重量税などが減税されます。もちろん、燃費が良いのでガソリン代も劇的におトクに!
減税対象車かどうかは、販売店によく確認するようにしましょう。

●新しい車を選ぶ

エコカー減税とは逆に、税金が高くなるケースがあります。
それは、新車から13年以上経過した「古い車」。
長く大切に乗っていることも立派なエコですが、税金としては不利になるので注意が必要です。また、最近の車は企業努力により格段に燃費が良くなってきています。日々のガソリン代といった観点からも、新しい車を選ぶメリットはあるといえます。

●任意保険で節約する

通販型の保険にする、保険内容を見直す、など…任意保険にも節約ポイントがあります。
ただし、任意保険に入らないということだけは無いようにしてくださいね。万一の時に、自賠責保険だけではカバーしきれない可能性があります。

●【番外編】中古車市場で値下がりしづらい車を選ぶ

将来、車の買い替えとなった時、今の車は下取りに出しますよね。その時に、高く売れる車とそうでない車が存在します。
高く売れる車とは、中古車市場人気がある車、いわゆるリセールバリューの高い車というものです。
最初からそういった車を選べば、次の買い替え時に有利になります。

逆に、中古車市場で値下がりしやすい車も存在します。
例えば、電気自動車など進化が早い車の場合、中古市場ではあっという間に値下がりしてしまいます。

将来の中古車市場を見極めるのはレベルの高いテクニックですが、車の販売店の方に相談すれば、アドバイスをしてくれるかもしれません。
もちろん未来のことは誰にも分かりませんので、あくまで予測です。過信は禁物です。


[PR]税金や維持費がコミコミのマイカーリース、
定額ニコノリパックのご紹介

今回の維持費の比較と節約法のご紹介はいかがでしたでしょうか?

結局のところ、車には様々な維持費が必ず発生しますし、車検の際などはどうしてもまとまった出費が必要になってきます。

しかし、最近は車の維持費をほとんど考える必要のない「マイカーリース」という乗り方に人気が集まっています。
車検や税金、メンテナンス等はすべて月々の支払いにコミコミなので、 「いったい車にいくらかかるのか?」が明確で、家計のやりくりがとってもラクになります。

私たち「定額ニコノリパック」も、車の維持費が全てコミコミにできるマイカーリース商品です。
ご興味がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。


>>「月々1万円の新車」はこちら

>>「月々2万円の新車」はこちら

>>「月々3万円の新車」はこちら



お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ


※夜間やお問い合わせ状況によってはお時間を頂きます。


お電話でのお問い合わせ

0120-916-618

受付時間 9:00~19:00


ホームページでのお問い合わせ


※夜間やお問い合わせ状況によってはお時間を頂きます。

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています。
ご成約いただいたお客さまの声 法人様・個人事業主様向け新車カーリースのご案内 リースカー専用自動車保険 軽自動車でも白ナンバー? 映画館でCM放映中!

定額ニコニリパックお取扱店舗定額ニコノリパックお取扱店舗

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ


※夜間やお問い合わせ状況によってはお時間を頂きます。

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています