オリコオートリース2022年・2023年2年連続販売実績No.1  グループ累計車販売台数2万台
ニコノリ(ニコニコカーリース)専用カスタマーセンター
0120-916-618
(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)
仮審査申込

ページトップへ戻る

  1.  TOP ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3.  最新自動車ニュース ›
  4.  レヴォーグ派生のレイバックは上質な乗り味が魅力的な都会派SUVだ


レヴォーグ派生のレイバックは上質な乗り味が魅力的な都会派SUVだ

車の情報誌「ニューモデルマガジンX」編集長監修

この記事の監修者
月間ニューモデルマガジンX編集部
代表取締役社長兼編集長
神領 貢

2023年10月25日に登場したスバル・レイバックはレヴォーグをベースにした日本国内向けの都会派クロスオーバーSUVだ。正式名称はレヴォーグ・レイバック。外板パネルや内装部品は基本的にレヴォーグと共通だが、全高を70mm高くし、内外装をSUV風にアレンジしてプレミアム感を高めている。

クロストレックやフォレスターで、スバルのSUVはアウトドア派のイメージ作りに成功しているという。一方で競合他社にはシティ派として人気を集めているSUVも存在する。これらの購買層は内外装デザイン、品質と仕上げの良さを重視するため、レイバックもそこに重点を置いて開発された。

レイバック フロント
レイバック リア

ネーミングの由来は「くつろぐ」「ゆったり」「リラックスできる」という意味の「laid back」を語源とし、『都市型SUV』が持つ、ゆとりある豊かな時間や空間を大切にする気持ちが込められている。これはデザインコンセプトにも反映されており、開発を取りまとめた開発責任者は「土の香りがしないSUVをめざした」と語る。

内外装デザインはレヴォーグ特有の「凛」としたスポーティさ&硬質さを受け継ぎながら、「包」という一文字に基づいて大らかさと温かみが与えられている。典型的な例としてシートの一部にはアッシュと呼ばれる明るいグレー系の表皮が用いられ、インパネも含めてカッパー色のステッチが施されている。

レイバック 前席
レイバック 運転席周り

エクステリアではSUVテイストの演出としてホイールアーチとサイドシルに樹脂モールが装着され、フロントグリルと前後バンパーも専用デザインに変わっている。見た目の印象は、ベースとなったレヴォーグの線の細さに対し、レイバックはたくましくてスポーティな印象が強い。わずかな変更で大きくイメージを変える手法はインプレッサとクロストレックの関係と同じで、この手の商品展開はスバルにとってお手の物といったところか。

フロントグリルは周囲にリムがなく、サテンメッキのバーが左右ランプに達していてワイド感を演出。ナンバープレートが微妙にグリルにかかっているのはバンパー内インテークの冷却性能と空力を考慮した結果だという。また、リアバンパーはほぼ黒ガーニッシュで覆われているレヴォーグと違い、ボディ色の面積が広くて張りのある面で存在感の演出にひと役買っている。なお、外板パネルだけでなく、前後ランプ類もレヴォーグから流用されている。

車種構成はリミテッドEXの単グレードのみ。177ps/30.6kg-mを発生するCB18型1.8L水平対向DOHC直噴ターボエンジンが搭載されており、駆動方式はアクティブトルクスプリットAWD。トランスミッションにはマニュアルモード付リニアトロニックと呼ばれるチェーン式CVTが組み合わされている。使用燃料はレギュラーガソリンで、燃料タンク容量は63L。

レイバック エンジンルーム

安全性を声高にアピールしているスバルは先進安全装備としてステレオカメラに加えて広角単眼カメラを装着し、プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大した新世代アイサイトを採用。

レイバック 3つのカメラ

また、渋滞時ハンズオフアシストやアクティブレーンチェンジアシストといったドライバーの運転負荷を軽減する機能を装備した高度運転支援システムのアイサイトX(エックス)も標準装備されている。一定の条件を満たした自動車専用道路において、GPSや準天頂衛星「みちびき」からの情報と、車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自車の位置を正確に把握する。

レイバックのボディサイズは全長4770mm×全幅1695mm×全高1570mmで、レヴォーグの全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mm と比較すると若干大きい。最低地上高は専用サスペンションを採用することでレヴォーグより55mmアップの200mmが確保されている。全幅の拡大はオーバーフェンダー装着によるものだが、レヴォーグと比べ狭い路地での取り回しに差を感じることはない。

インテリアは基本的にレヴォーグのデザインを踏襲しているが、随所にカッパー色のステッチが施されて作り込みの良さを表現。ナビを含む11.6インチの縦長インフォテイメント画面と12.3インチの液晶メーターも標準装備されている。

レイバック 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ

部分的にアッシュ色が配されたシートは乗降性を考慮して座面のサイドサポートは控えめに設計されているが、ホールド性は良好だ。
床下のサブトランクを含むラゲッジスペース容量は561Lが維持されている。

レイバック ラゲッジスペース

また、ハンズフリー電動リアゲートが装備されており、両手がふさがっている時でも体の一部を六連星オーナメントに近づけることでリアゲートが自動で開き、スマートに荷室へアクセスできる。

走り出すと、各部のフリクションが小さく、とてもスムーズに気持ちよくスッと加速する。エンジンのフィーリングはターボというよりも、良くできた自然吸気のような印象だ。どんなシーンでもストレスなく走れる。足回りは上品な感触で、硬さも絶妙。良い路面では滑るように、少し荒れた路面でもショックを最小限に抑えた走りは上手くチューニングされていると感じた。

ただ、ゴムをねじるようなパワステの感触は気になる部分で、重さの味つけも不自然。もう少しスムーズになれば文句ない。

乗り心地だけでなく静粛性も高く、じつに快適だ。harman/kardonの10スピーカー・オーディオが標準装備されているが、その魅力を引き立てるのに十分な静粛性を確保。

参考までに、1名乗車、一般路走行、エアコン温度24度設定、ノーマルモードで136kmほど走った平均燃費は満タン法で15.7km/Lだった。これはWLTCモード燃費値13.6km/Lの約115%で、非常に優れた数値を記録した。前述したように燃料タンク容量は63Lなので、満タン法の計測値から計算すれば一度の満タン給油で989kmほど走れる計算となる。

試乗したレヴォーグ・レイバックの税込み価格は約399万円。同一エンジン搭載のレヴォーグGT-H EX(約379万円)とSTI Sport EX(約434万円)のちょうど中間という価格設定はなかなか上手い。充実の装備内容を加味すると、レヴォーグよりもコスパが高く感じられるほどだ。




[この記事の監修者]
月間ニューモデルマガジンX編集部
代表取締役社長兼編集長
神領 貢

しんりょうみつぐ 1959年3月20日生まれ。関西大学社会学部マスコミ(現メディア)専攻卒業後、自動車業界誌やJAF等を経て、「ニューモデルマガジンX」月刊化創刊メンバー。35年目に入った。5年目から編集長。その後2度更迭され2度編集長に復帰、現在に至る。自動車業界ウォッチャーとして42年だが、本人は「少々長くやり過ぎたかも」と自嘲気味だ。徹底した現場主義で、自動車行政はもとより自動車開発、生産から販売まで守備範囲は広い。最近は業際感覚で先進技術を取材。マガジンX(ムックハウス)を2011年にMBOした。
監修記事一覧へ

【PR】ニコノリなら国産全車種が月々定額で乗ることができます

私どもが提供しているニコノリはマイカーのように自由に使うことのできる「マイカーリース」。
月々5,500円から新車や中古車に乗ることができます!
さらに、契約満了後はもらえます!
(※)名義変更手数料1万円(税別)とリサイクル券のご負担が必要になります。また、お車が不要の場合は返却も可能です。



私どもが提供しているニコノリはマイカーのように自由に使うことのできる「マイカーリース」。
月々5,500円から新車に乗ることができます!
さらに、契約満了後はお車がもらえます!
(※)別途年2回のボーナス加算があります。ボーナス加算なしの月々均等払いをお選びいただくことも可能です。



ニコノリ独自の調達により、通常よりも早い納期でご提供できる車、「即納車」を多数ご用意しております。
ご契約から最短2週間で納車可能なお車もございます!

>>即納車を見る



車検や税金・メンテナンスもすべてコミコミでの月々定額料金のため、気軽に車を持てるというのもニコノリの特徴です。
まとまった資金のないお客様や、車に関する面倒なメンテナンスを任せたいお客様など様々なニーズを持った皆さまにご利用頂いております。



オンライン販売でご契約した新車には、契約したリース期間中の全期間に特別保証が付いています。
通常、新車登録をしてから5年・走行距離が10万kmまでの特別保証を、6年目以降も追加料金なしで保証します。(最大9年間) また、走行距離制限もありません。

>>新車特別保証を見る



専門知識を持ったアドバイザーが親身に対応しますので、分からないことや不安なことがあってもお気軽にご相談ください! お車をお考えのかたは、ぜひニコノリもご検討ください!

>>ニコノリ安さの理由はこちら >>カーリースできる新車はこちら

全国47都道府県、365日対応!
新車が最短2週間

ニコノリ3つの業界トップクラス実績「オリコオートリース2022年・2023年2年連続販売実績No.1」「即納車保有台数トップクラス204台」「全国提携整備工場11,700箇所以上」
ニコノリは複数リース会社(信販会社)と提携しています
審査に不安な方もお気軽にお問合せください
※お申込みと同時にご契約が確定することはございません
0120-916-618
受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK
~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

 ニコノリ
 お問合せ窓口
車が決まってなくても
お気軽にお問合せください!
入力5分 仮審査申込 お申込みと同時に
ご契約が確定することはございません
0120-916-618 受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK
~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~
即納車ならニコノリ!新車最短2週間!
ニコノリ中古車 面倒すべてコミコミ 月々5000円~車がもらえる
ニコノリ中古車

より価格を抑えた中古車のマイカーリースはこちら!<全国47都道府県対象>掲載している中古車の情報は毎日更新中です。