社用車(商用車)をカーリースするメリット・デメリットを徹底解説!

3冠
ニコノリ(ニコニコカーリース)専用カスタマーセンター
0120-916-618
(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)
無料電話 専任のカスタマースタッフが丁寧にご対応致します お問合せ

ページトップへ戻る

  1.  TOP ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3.  カーリースの基礎知識 ›
  4.  カーリースとは ›
  5.  社用車(商用車)をカーリースするメリット・デメリットを徹底解説!

社用車メリット・デメリット
[掲載日:2022年4月12日]

社用車(商用車)をカーリースするメリット・デメリットを徹底解説!

昨今、個人向けカーリースを利用する人が増えていますし、個人ユーザーに向けたさまざまなサービスも用意されていますが、経費や導入費用を抑えたいという会社、法人にとって、カーリースというのは古くから利用されてきています。
そこでここでは、あらためて社用車(商用車)をカーリースするメリットとデメリットをご説明します。

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
社用車(商用車)をカーリースするメリット・デメリットを徹底解説!

     ▼もくじ

  1. 1.社用車(商用車)のカーリースとは?
    1-1.法人向けカーリースの仕組み
    1-2.法人向けカーリースの契約の流れ
  2. 社用車(商用車)をカーリースするメリット
    2-1.月々のリース料金は経費処理が可能
    2-2.初期費用が掛からない
    2-3.オプションも自由に選べる
    2-4.希望ナンバープレートの取得も可能
    2-5.保証やサポートがあるので安心
  3. 3.社用車(商用車)をカーリースするデメリット
    3-1.月間の走行距離制限がある
    3-2.契約期間中の解約ができない
    3-3.改造などができない
    3-4.審査が個人向けカーリースよりも厳しい
  4. まとめ

1.社用車(商用車)のカーリースとは?

ひと昔前のカーリースといえば、法人向けのサービスとして知られていました。これは、カーリースというサービスに、法人だからこそ受けられるメリットがあるからです。そのメリットの部分が、個人向けカーリースという分野でも評価され始めたことから、いまでは個人向けプランが豊富に用意されるようになっています。

1-1.法人向けカーリースの仕組み

法人が社用として使う車は、企業が購入して保有しているもの、というのは、ごく一般的な話です。
それにかわって法人向けカーリースというのは、企業が車を購入するのではなく、カーリースの会社が購入した車を、企業が年単位で借り受けて使う、というものとなります。

1-2.法人向けカーリースの契約の流れ

法人向けのカーリースが、個人向けプランと大きく違うのは、審査が法人対象のものになる、ということです。しかし、契約の流れ自体は、個人向けカーリースと大きな違いはありません。
流れの一例を挙げてみましょう。

(1).リース会社に希望の車種を伝えてプランなどを確認する
(2).店舗またはオンラインで具体的に車種やグレード、装備を決め、契約期間や利用料金などを決定する
(3).リース契約の審査を受ける
(個人の契約審査とは違う法人向けの審査を受け、それに通らないと契約ができない)
(4).納車


2.社用車(商用車)をカーリースするメリット

社用車をカーリースとすることは、法人にとってさまざまなメリットがあります。もっとも大きいのは、経費としてリース料金が処理できる、という部分です。

2-1.月々のリース料金は経費処理が可能

車は税務上、資産として扱われますので、購入した場合にはその代金を毎年減価償却していく必要があります。
しかしカーリースを利用すると、その利用料金を経費として計上することができ、そのぶん税務上有利になります。
ただし、契約内容によっては会計処理が異なってくる場合もありますので、注意してください。

2-2.初期費用が掛からない

車を所有する際には、法定費用の支払いが必要になります。しかしカーリースの場合には、そういった初期費用は必要ありません。大きな費用を用意せずに、社用車を準備できるわけです。

2-3.オプションも自由に選べる

商用車には業務で使う際に便利なオプション装備がいろいろ用意されています。当然、購入する場合にはそのぶん車両代金が高くなるわけですが、カーリースではそのオプション代金が月々の利用料金に反映されることになります。利用料金は高くなるものの、購入した場合と比べると、負担が小さくなります。

2-4.希望ナンバープレートの取得も可能

レンタカーとは違い、購入したときと同じようにカーリースでも希望ナンバーを取得できます。
法人でナンバーを揃えるなどといったことも可能です。

2-5.保証やサポートがあるので安心

社用車を所有した場合、メンテナンスや車検費用はすべて会社が支払うことになりますが、カーリースではその費用が利用料金に含まれています。また整備に関してもリース会社がおこなってくれますので、社用車の状態管理が容易になります。


3.社用車(商用車)をカーリースするデメリット

社用車をカーリースで利用するのは、いいことだらけのようですが、注意すべき点もあります。それがどんなものなのか、見ていきましょう。

3-1.月間の走行距離制限がある

カーリースは契約期間終了後のクルマの価値を残価として設定することで、利用料金を安く設定しています。その価値を落とさないため、契約時に月間の走行距離制限を設けるケースが多くなります。
もちろん、走行距離が多くなる場合には、契約時にそういうプランを組めば問題ありませんが、利用料金はそのぶん割高になります。また、走行距離が事前の取り決めよりも多くなってしまった場合には、契約終了時に追加料金の支払いが必要となることもありますので、注意が必要です。

3-2.契約期間中の解約ができない

カーリースは原則として、契約期間の途中で解約をすることができません。そのため、利用料金を下げる意味から契約年数を長くしてしまうと、新型車が出ても乗り換えることができなくなってしまいます。
信用が大事な業務使用の車の場合、あまりに長期にわたって同じ車に乗り続けているということも難しいため、契約期間の設定は、利用料金との兼ね合いも含めて、慎重におこないたいところです。

3-3.改造などができない

個人向けカーリースでも元に戻すことができないカスタマイズは認められないのと同じで、法人向けカーリースでも、事業に使いやすいようにと車を改造することは認められていません。
例えば、軽トラックをリース契約して、その後にキッチンカーへと改造する、というのは認められていませんので、注意が必要です。

3-4.審査が個人向けカーリースよりも厳しい

法人向けカーリースの審査項目は、設立してからの期間や事業規模などとなります。そのため、売上が少ない個人事業主や、設立して間もない法人の場合には、審査に通らないこともあります。


4.まとめ

今回は社用車をカーリースするときの、メリットとデメリットについてご説明しました。
企業や個人事業主が事業に使う車を用意しようとするとき、購入すると減価償却をしていくことになりますが、カーリースを利用すれば、その利用料金は全額経費として計上できる、というのが大きなメリットとなります。

また、整備や車検に関する費用も利用料金に含まれているため、経費や車両の管理が購入したときよりもラクになります。
しかし、設立したばかりであったり、事業規模が小さい場合には、契約の審査に通りにくい、ということもあります。
契約した車は期間中の解約ができないため、新型車が出てもすぐに切り替える、ということも難しく、また使いやすいように改造する、ということもできません。

しかし、そういう注意点に気をつけておけば、会社にとってカーリースは、大きなメリットを受けられるシステムとなっています。


【PR】

ニコノリは、新車や中古車を月々5,500円~の利用料金でご利用いただけるカーリースです。
もちろん、月々定額の利用料金には、契約期間中に必要となる車検や自動車税などの費用も含まれていますので、お支払いいただいた利用料金は全額、経費として計上することができます。

リース期間が1年からお選びいただける、というのも、おすすめしたいポイントのひとつです。走行距離や契約期間は、それぞれのご利用状況に合わせてプランを設定できますので、ぜひお問い合わせください。
お選びいただける車種は、国産全メーカーの全車種。もちろん自動車メーカーが用意しているオプション品も、ご自由にお選びいただけます。

社用車のカーリースをご検討の際には、ぜひニコノリのご利用もご検討ください

>>ニコノリ安さの理由はこちら >>カーリースできる新車はこちら


全国47都道府県、365日対応!
お気軽にお問合せください
おかげさまでカーリース部門3冠達成!!「サービス(プラン)が充実しているカーリースNo.1」「おすすめのカーリース会社No.1」「価格が納得できるカーリースNo.1」 お急ぎの方はお電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休 ~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

自動車専門ライター
高田 林太郎
[この記事の執筆者]

自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、自動車業界の現場にてさまざまに活動中。


 ニコノリ
 お問合せ窓口
専任のカスタマースタッフが
丁寧にご対応致します
お急ぎの方は
お電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休

チラシをご覧の方は
店舗名をお伝え下さい
車のサブスク ニコリース 最短1ヶ月から使える超短期リースをリリースしました!
車のサブスク ニコリース

最短1ヶ月から使える超短期リースをリリースしました!(関東限定)気軽に安全に使える、車のサブスクリプションです。 ニコノリ中古車 面倒すべてコミコミ 月々5000円~車がもらえる
ニコノリ中古車

より価格を抑えた中古車のマイカーリースはこちら!<全国47都道府県対象>掲載している中古車の情報は毎日更新中です。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ



~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています