急成長中! オートリース(カーリース)業界の現状とこれからについて

3冠
ニコノリ(ニコニコマイカーリース)専用カスタマーセンター
0120-916-618
(受付時間 9:00~19:00 土日祝日もOK)

無料電話 専任のカスタマースタッフが丁寧にご対応致します お問合せ

ページトップへ戻る

  1.  新車カーリースなら定額ニコノリパック トップ ›
  2.  車のお役立ち情報 ›
  3.  急成長中! オートリース(カーリース)業界の現状とこれからについて

カーリースの未来
[掲載日:2019年7月18日]

急成長中! オートリース(カーリース)業界の現状とこれからについて
法人向けではなく個人向けが今後の主流に

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
急成長中! オートリース(カーリース)業界の現状とこれからについて


 ▼もくじ

・オートリース業界全体の現状

・オートリース業界の今後の展望

・おすすめのカーリース『定額ニコノリパック』


オートリース業界全体の現状

カーリースの市場規模は年々拡大中

車を所有するのではなくリースで使うというシステムは、元々は法人向けのものという認識が強くありました。
例えば営業活動にあたり必要になる営業用車両は、会社の規模が大きくなるほど台数も増えていくものですが、整備費用などの負担が大きくなるほか、購入や車両入れ換えに伴う帳簿処理も面倒です。
しかしオートリースを利用すれば支出の管理がラクになるほか、車両入れ換えについても書類処理の手間が減って、結果経費節減にも繋がります。

そのような法人向けのニーズから更に個人向けのオートリースも登場し、オートリース業界は年々市場規模が拡大していっています。 2005年は総台数の7800万台中、3.7%にあたる290万台だったオートリースですが、2010年には7900万台中3.8%にあたる300万台、2015年には8100万台中4.2%の340万台、2018年には約360万台がオートリース車両となりました。

さらにさまざまなシンクタンクの予測によると、2024年のオートリース車両台数は480万台を超えるのでは、といわれています。

ではなぜ、これほどまでにオートリース市場が成長を続けているのでしょうか。
まず挙げられるのは、車を導入する際に必要となる初期費用を抑えることができる、ということです。

新車を購入する場合、車両本体価格のほかに税金や各種手続きのための費用が必要となります。 しかしオートリースでは、基本的に必要となるのは月々定額のみです。

さらにメンテナンス費用や車検費用などもその定額費の中に含まれているほか、税金の支払いなどといった手続きもカーリース会社が行うため、手間を省くことができます。

そのようなメリット面が徐々に認知されてきたことが、オートリースの市場拡大に繋がっているのです。


オートリース業界の今後の展望

今後は個人向けオートリースの市場規模が加速度的に拡大

今後は個人向けオートリースの市場規模が加速度的に拡大2018年で前年比120%、26万台という個人向けオートリースですが、シンクタンクの予測では2022年にはその3〜4倍にあたる93万台になるのでは、といわれています。さらに2024年には法人向けと個人向けを合わせたオートリースの市場規模が480万台にも達すると予測されています。

そのポイントとなっているのが、自動車の進化と車を使う側の人たちの認識の変化です。
最近増えつつある電動化車両や、いずれは登場してくるであろう自動運転車など車の進化のスピードが早まっていく中で、レンタカーやカーシェアなどのサービスに代表されるように「車は所有するのではなく使うもの」というのが普遍的な考えになりつつあります。自分の所有する車が古くならないということは、気持ちの面でも負荷が少ないのかもしれません。

これまでは子どもが産まれたらファミリーカーに買い替え、子どもが大きくなったらより大きい車に買い替え、子どもが独立したらまた買い替えて…とライフイベントに合わせて車を都度買い換えることが当たり前でした。
しかしカーリースの場合、総額の支払いを抑えることができるだけでなく、契約年数が終了したタイミングで別の車に乗り換えることができるため、そのときそのときに必要な車に乗ることができます。

また高齢化社会を考えたとき、介護福祉車両も所有するのではなく一時的に借りて使う、というほうがあるいは合理的かもしれません。そのような場合に利用しやすいのがカーリースとなります。
メリットは法人向けと同じく、車を所有する場合に必要となる面倒な手続きや支払いが月々定額の支払いで可能になるということや、月々均一のお支払いとなるため家計の管理がラクになることなどです。

さらにいえば、車両価格の上昇というのもポイントとなっています。
この車に乗りたい、と思ったとき、予算が厳しい場合でもカーリースであれば乗ることができる、ということもあるでしょう。

最近では大手資本の会社や自動車整備工場、さらにはWEB会社などもカーリース事業に参入し、多くのサービスがひしめき合っている状況になりつつあります。CMなどでも多く見かけるようになってきました。

これまでは一般的でなかったこのシステムも、知られてくれば利用しようという人が増えてきて、さらに多くの人が知り利用者がさらに増える、という循環となっていきます。
ちょうど今がその始まりのとき、となっているのです。


定額ニコノリパックなら 車検・税金・メンテナンスなどがコミコミ!
国産全メーカー・全車種取り扱いOK!

月々1万円のバナーを見る

カーリースについて、詳しく知りたい!
という方はこちらをクリック♪

はじめての方向け 新車購入との違いを詳しく解説!
ディーラーではない私たちニコノリだからこそできること 【マイカーリースに対する誰よりも"熱い"想い】
サービス誕生秘話を開発者に聞きました ニコノリ誕生ヒストリーはこちらから »


おすすめのカーリース『定額ニコノリパック』

今回はオートリース業界の現状と今後についてご紹介しました。

最後に、私たちが提供している新車マイカーリース「定額ニコノリパック」について少しご紹介させてください。 定額ニコノリパックは頭金0円、月々1万円から国内全メーカーの全車種を対象に自由に車を選ぶことができるマイカーリースです。
料金の安さもありますが、365日対応の専門コールセンターを設置しているのも定額ニコノリパックの大きな強みとなります。
新車カーリースの専門知識を持ったスタッフが、お客様の疑問・不安に丁寧にお答えしておりますので、カーリースや車のことについてあまり詳しくないという方や女性のお客様からもご好評いただいております。

また任意保険についても、定額ニコノリパック専用のお得なプランをご用意しています。 新車の購入をお考えでしたら、ぜひ定額ニコノリパックもご検討下さい。


全国47都道府県、365日対応!
お気軽にお問合せください
おかげさまでカーリース部門3冠達成!!「サービス(プラン)が充実しているカーリースNo.1」「おすすめのカーリース会社No.1」「価格が納得できるカーリースNo.1」 お急ぎの方はお電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休 ~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

自動車専門ライター
高田 林太郎
[この記事の執筆者]

自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、さまざまに活動中。

 ニコノリ
 お問合せ窓口
専任のカスタマースタッフが
丁寧にご対応致します
お急ぎの方は
お電話をご利用ください 0120-916-618 9:00-19:00まで/年中無休

チラシをご覧の方は
店舗名をお伝え下さい
ニコニコダイレクト 面倒すべてコミコミ 月々5000円~車がもらえる
中古車リース ニコニコダイレクト

より価格を抑えた中古車のマイカーリースをリリースしました!(関東限定)掲載している中古車の情報は毎日更新中です。

お電話でのお問い合わせ
(受付時間 9:00~19:00)

0120-916-618

ホームページでのお問い合わせ



~チラシをご覧の方は店舗名をお伝え下さい~

当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています